/Michael Thomas / マイケル・トマス

サウンド デザイナー

オフィスのみんなに”マイキー・ティー”と呼ばれています。音楽のセンスと技術的なスキルで一つ一つの作品のサウンドに魂を込めます。5年間ポストプロダクションでの履歴を持ち、毎回フレッシでユニークなスタイルを活かします。

マイキー・ティーの音楽への情熱はテレビ、ショートフィルム、ドキュメンタリー、CM、やVRコンテンツでも活躍してます。Supernatural Nazis, The Great Australian Cookbook, and Baby Animalsと言うテレビ番組など、最近話題になったVR映画Inside Manusまでサウンドデザインの経験を持つ彼です。

“毎回新しいフレッシュなアプローチでサウンドデザインをするのが好きです。”